脳ドックで早期発見したい!認知症について

今後も認知症患者は確実に増えていきます。あなたの家族、またはあなた自身のために認知症について知っておきましょう!!
MENU

脳ドックで早期発見したい!認知症について

年を取ってくると忘れっぽくなるのは普通のことではあります。
老人

 

しかし、それが認知症の初期症状であることも確かです。

 

認知症は自分で気づくより同居している家族などに気づかれることも多いです。

 

進行した状態では家族のことも忘れてしまうなどの症状が出てしまいますし、進行を遅らせる治療も開発されてきています。

 

ですから、早期発見しておくことはたいへん重要です。

 

脳ドックでは一般的にMRI検査が多く用いられます。

 

CTも脳の中を見ることができる検査ですが画像の精度などについてはMRIに及びません。
被曝がないこともメリットです。

 

 

認知症は大きく分けるとアルツハイマー型と脳血管型の2種類に分けられます。

 

アルツハイマー型では現在まで明確な原因は判明していませんがいろいろな要因が重なって発生してくると考えられています。

 

脳の画像検査では脳の萎縮がみられますし、記憶をつかさどる海馬という部分の萎縮を見るなど検査法も確立されてきています。

 

 

脳血管型では脳の血管が詰まったり出血するなどの原因で神経細胞への酸素や栄養供給が不足して起こります。

 

MRI検査では脳の血流の低下が見られまたり、小さな脳梗塞や出血が認められたりします。

 

 

いずれにせよ、MRIでは視覚的に非常にきれいな画像で認知症の早期発見が可能となってきています。

 

しかし、認知症は画像検査だけで診断できるものではありません。

 

認知症を疑う、あるいは脳ドックで認知症の検査をしたい場合には記憶力や認知能力をはかる簡単な検査も併用されます。

 

いくつかの検査を組み合わせて総合的に判断が行われます。

関連ページ

認知症の進行度について
今後も認知症患者は確実に増えていきます。あなたの家族、またはあなた自身のために認知症について知っておきましょう!!
認知症のタイプについて
今後も認知症患者は確実に増えていきます。あなたの家族、またはあなた自身のために認知症について知っておきましょう!!
シャンパンは認知症防止に効果がある?
今後も認知症患者は確実に増えていきます。あなたの家族、またはあなた自身のために認知症について知っておきましょう!!
アルツハイマーや認知症の改善効果にもDHAサプリ
今後も認知症患者は確実に増えていきます。あなたの家族、またはあなた自身のために認知症について知っておきましょう!!
このページの先頭へ